アクティビティー情報

沖縄No.1のマリンスポット

「青の洞窟(あおのどうくつ)」は、沖縄で人気ナンバーワンのシュノーケリング&ダイビングスポットです。
沖縄は海の透明度や海底の地形などからシュノーケリングやダイビングに最適といわれていますが、そのなかでも青の洞窟は沖縄最高のスポットといっても過言ではありません。

青の洞窟の海中はその名の通り「青く透き通った幻想の世界」です。
静まり返った海底に一筋の太陽光が差し込むとき、神秘的な光彩が揺らめきながら重なり合ってミステリアスな雰囲気を作り出します。
シュノーケリング&ダイビングの初心者も上級者も、ひとたび青の洞窟に魅せられると再び戻って来ずにはいられないというスポットです。

「青の洞窟」はどんなスポット?

南国・沖縄の本島は恩納村真栄田岬にあるのが「青の洞窟」です。
この洞窟は地元ではクマヤーガマ(隠れ洞穴)と呼ばれ、かつては嵐の際の船の避難場所としても利用されていました。

青の洞窟は入り口が幅3メートル、奥行きが40~60メートル、幅は約3~5メートル程度ですが、場所によっては幅が11メートルに達する部分もあります。
洞窟内部の高さは8~12メートル、水深は2.5~6メートルありますので、シュノーケリングにもダイビングにも適しているというわけです。

ビギナーやお子さんでもプカプカ浮くだけでエンジョイできるシュノーケリングや、中・上級者も堪能できる起伏に富んだ地形の海中のダイビングなど幅広い楽しみ方ができるのが青の洞窟の特徴といえるでしょう。

「青の洞窟」の生物たち

青の洞窟でシュノーケリングやダイビングを楽しんでいると、色鮮やかな南国の魚たちが姿を見せてくれます。
最もよく見られるのが洞窟内に棲むアカマツカサで、体長20~30センチ程度の紅色の姿が洞窟内の青い光に照らされて神秘的な風情をかもしだします。
もう一つが体調10センチ程度の銀色のリュウキュウハタンポで、夏場には数万匹もの幼魚たちが洞窟の入口付近で泳ぐ様を見ることができるでしょう。

ほかにも洞窟の近くでは可愛いクマノミやツバメウオ、サヨリ、ダツ、イスズミ、ブダイなど多数の熱帯魚が見られ、少し沖に出るとアマミスズメダイやグルクンの群れが泳ぐのを見られます。

「青の洞窟」へのアクセス

沖縄市鏡水の那覇空港から約1時間30分
沖縄市内の中心部から約1時間
沖縄本島内の幹線道路(国道58号線)石川ICから約15分

住所:沖縄県恩納村真栄田469-1
宿泊施設:ホテル、ペンション、旅館、民宿など


大きな地図で見る